さくらんぼのアメリカ日記 金沢へ+ひとりごとの続き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢へ+ひとりごとの続き 

長浜のホテルの近くはこ~んな感じで、紅葉にはちょっと遅いかなあと。
IMG_3293.jpg
湖畔を散歩したり、街中を散策したりといろいろできそうだったのですが、で、咳がごほごほ出るだけで、風邪にかかってから10日以上たっているわけだし、体はどこも悪くない気がしていたのですが、いろいろなかたから、「くれぐれも無理をせずに早くなおしてくださいね」と言われていたので、(心のなかでは、「一回ひいちゃったらね、毎日寝ていようがどうしようが、この咳は一ヶ月はとれないんですけど…」と思いつつ)でも、観光なんぞは控えて、ホテルでおとなしくしておりました。
B6_IMG_3284.jpg
駅に行く途中でこんなのもあったけど入らず。
B6_IMG_3297.jpg
こんな街並みもありました。
B6_IMG_3304.jpg
あっと、これは前日のおやつ。
B6_IMG_3281.jpg
夕食も、食指をそそられるレストランがなかったので、こんなものですませたんだったっけか。あとから考えれば、ホテルについていたレストランをためせばよかったんだけれど、翌朝まできがつかなかった!
B6_IMG_3280.jpg
これもおやつ。
B7_IMG_3309.jpg
で、どうせなら、早めに金沢に行って、ホテルで昼寝でもしていようと、早めに米原に行って、指定席を変更してもらおうとしたのですが、みどりの窓口のお姉さんから、冷たく、「空いていません」の一言。
あらそう、「混んでいるの」と思ったのですが、1時間後の特急まガラッガラ。どちらもお昼の時間帯なので、空席率にそれほどの差があるとは思えず、あのお姉さん、いったい何をチェックしてたんだろうとは思ったが…

時間があいてしまったので、近所のスーパーをぶらぶらしていて、こんなものを買いました。駅弁は食べあきたし、この時期、なぜか、アレルギーがあるので普段はたべないこういう素朴なお弁当がやたらと食べたかったのです。
B7_IMG_3307.jpg
で、金沢行きの特急。
B7_IMG_3310.jpgほらね、ガラガラでしょう?
B7_IMG_3305.jpg
ここもANAホテルにとまりました。
B7_IMG_3312.jpg
このあたり、金沢っぽいですね。ここもツインってことは、アップグレードだったのかなあ。
B7_IMG_3317.jpg
ちょっと光が入っちゃったけど...
B7_IMG_3313.jpg
ステキなピンクの袋の中身はサービスのミネラルウォーター。
エコだなんだって言われているけれど、やっぱりこういうかわいいパッケージは嬉しいかな。これも写真がぼけぼけだけど。
B7_IMG_3314.jpg



前回のひとりごとで、自由意志なんてないと認めたあとに解放感が…みたいなことを書いたのだけれど、どうしてそんなことを書く気になったのかよくわからない。多分、そんな気がしたからってとこかな。
で、気になって、もう少し考えてみた。
もし自由意志などというものは存在しないとしたら、すべては(あ、こっからは、多分、英語で考えことしてたみたいなので、日本語に直すと不自然な表現になるかもしれませんが…)あらかじめ定まっていたことに従って行われているわけで、もしそうだとすれば、自分の選択が正しかったのかどうか、自分の行動のひとつひとつが間違えていたかどうかを思い悩む必要なんてまるでない。すべては、この世の始まりからすべてそうなるように定められていたのだから(←大げさ+異論の余地たっぷりだが)

んで、まず、そう考えると、ものすごく気が楽になる。

そして、思う。
人生は、それを受け入れようが、受け入れまいが、まったく同じように回っていく。受け入れるか受け入れないかの違いは、
ここが、日本語にならないんだけれど、それを、Gracefullyに、つまり、優雅におっとりと受け止めていきていくか、大騒ぎしてやだよ~と泣き叫びながら人生に引きづられていくか、あるいは、人生の大波にさらわれていくかの違いだけだと思う。
受け入れていた場合は、大波にもまれるんじゃなくて、大波の上で優雅にサーフィンってとこかな。

んなら、おっとり構えていたほうがお得なんじゃないかって気になってくる。まあ、損得の議論ではないけれど。

でね、また思ったの、私の、そして、ほとんどの人(まあ、先進国に住む日本人やアメリカ人の場合だけれど)の問題は、神様が、あるいは、ユニバースとか宇宙とか言われているものとか日本の神様仏様とかが、人にタダで与えてくれようとしている幸せを、「絶対にいや、ほしくない」と固く入り口を閉ざして受け入れないで、不幸だけを見つめ続けて、いつかこの不幸が終わって幸せになることを夢見て生きていく…そんな生活を送っているんじゃないかなって気がしてきた。

幸せは目の前にあるのに、固くドアを閉ざして、絶対に中に入れようとしない。すごっくエネルギーを浪費して、幸せになることに、ものすごい勢いで抵抗し続けている人生。

疲れるからやめようと思う。

コメント

あ~お元気だったら~・・・って感じで金沢観光出来た感でしゅよねぇ~・・・
残念でしゅね・・・  でも次の記事が☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

そうなんですよお。この日は体はなんともなかったのですが
咳がひどくてマスクしてても周りの方が気になさるんと…
って感じで、おとなしくしちゃって気がします。
ちょっと残念でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3242-c2878814

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。