さくらんぼのアメリカ日記 金沢の続き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢の続き 

兼六園を出た後、お向かいの金沢城へ。
B8_20141127_171929.jpg
でも、お城も最近見飽きているので
B8_20141127_171936.jpg
風も冷たくなってきているしと
B8_20141127_171706.png
兼六園のライトアップも見ずにホテルに戻りました。
B8_IMG_3318.jpg
途中、駅ビルで夕食。
B8_IMG_3319.jpg
これはおやつ。
B9_IMG_3320.jpg
黄色い新幹線が停まっていた駅の写真。撮影会でもやっていたんだろうか???
B9_IMG_3322.jpg
新幹線から見た富士山。
で、東京に戻りました。

あれ、金沢には2泊したんじゃなかったのって?
悲惨な金沢二日目の状況を知りたい奇特なかたは、つづきをどうぞ。

体調悪くてひっくりかえってました。

一週間くらいの日本旅行って、毎日ホテルを替わるととても疲れるので、今回は、九州二泊、金沢二泊、長浜一泊でした。
金沢での予定はなにも考えていなかったのですが、時間があれば能登半島にいってもよいし、帰りは大回りをして上越新幹線側から戻ってもよいしとの~んびり考えていて、とりあえず、金沢は兼六園をゆっくりさんさくして、あとは、大昔にいきそびれた忍者寺に行こうと考えていたのです。兼六園は一日目に行って、翌日に忍者寺の予約を入れていました。

が、二日目に起きてみたら、いきなり具合が悪い。なにがってことはないのですが、疲れていてなにもする気になれないのです。食欲もなかったのですが、とりあえず、朝食をとおもって、レストランに行ったのですが、なぜかほとんど食べる気になれず、早々に部屋に引き上げました。

長いこと風邪を引いていると、のど飴の食べすぎで胃がやられるのか、ときどきこういう食欲不振の症状が出ます。胃腸風邪の症状とはまったく別ものですので、それほど心配はしていなかったのですが、気になるのは咳の状況と翌週からの仕事でした。過去の経験から、風邪をこじらせて、これだけひどい痰が絡む咳が出るようになった場合、いくら、「風邪に効く薬はないから」と言われて安静にしていようとも、一ヶ月たっても症状は変わらず、医者に行って抗生物質を出してもらうと、通常、飲み始めてから数日から一週間で症状が軽快するのです。今回、仕事に戻ってから医者に行くにも時間的に難しいので、どうせなら、さくっとお医者様に見てもらっておこうと考えたのが間違えのもとでした。あっと、私が、自分のアレルギーのある抗生物質のタイプとか症状とかよく調べておかなかったのも原因の一つですが。

朝、フロントで、近くの診療所を教えてもらってさくっと行ってきて…
不思議なことに、診察室に入ると咳がぴたっとおさまって…
自分的にも、ひきはじめの症状が軽かったこともあり、この段階で抗生物質が必要かどうかの判断はつかなかったのですが、若い女医さんも同じ思いだったらしく、一応、アレルギーのある抗生物質について詳しく聞いて、でも、米国の販売名だけだとよくわからなかったらしくて、新しいタイプのものを出してくださいました。で、あとで調べたら、私が以前に強い副作用反応を起こしたものとタイプは違ったみたいだったのですが…

抗生物質はすぐに飲むようにと言われて、すきっぱらでは良くないだろうと(一応、できたら、食後、だめならたっぷりのお水といっしょにといわれました。)おみかん一個を口に入れてから、抗生物質を飲んだのです。で、これが完全に胃まで届いたと思われる30分後、あ、そうだ、残りの咳止めその他も…と思って、残っていたおみかんと一緒に他の風邪薬を口に入れたら、その途端に具合が悪くなって…
多分、あとから飲んだ風邪薬は胃に届いたか届いていないかの時間でした。

んで、いろいろあって、とりあえず、1時間後にはすべての症状はおさまったのですが、で、それまで、微熱があったらしいのですが、微熱も取れているような気配があったのですけど、たった一錠の抗生物質にその効果があったのかどうかは疑問です、一応、薬局に電話を入れました。

そうしたら、もう一度クリニックに戻るようにと言われて、行ってみたら、午後は別の先生で…

この先生、抗生物質を飲んだ後の症状だけを聞いて、風邪とまぎらわしい腎臓病や肝臓病を疑ったみたいですね。とりあえず、もう一度診察してくださって、どうも、薬の副作用らしいということで、別の薬に換えてくださいました。

でもねえ、この会話の中に気になることがちらっとあって、暗示にかかりやすい私としては、すっかり病人の気分になっておりました。頭では、大丈夫だとはわかっていたのですけれど…

んで、アメリカに戻って来てて、一年に一度の定期健診のための血液検査をまず最初に受けて、翌週に結果がもどってきました。もちろん、肝臓の数値も腎臓の数値も正常。

それを見たとたんにね、一ヶ月続いていて直る気配のなかった夜の咳が、急に治まるほうこうに向かったみたいな気になってきた。
いつものパターンなんだけどね。

んで、結論からいうと、この日から一週間、食欲ゼロの状態が続きました。
抗生物質で一時的に胃をやられた後遺症と、暗示のかかりやすい性格の相乗効果でした。

よって、翌日のお昼の列車の時間までホテルの部屋でひっくりかえっておりました。

コメント

き・・黄色い新幹線!!  見ると幸せになれるドクタ~イエロ~って言うんでしゅよぉ~~~
凄い! 見れたのでしゅねぇ~~☆
歪みチェックとかなのでそ~滅多に登場しないとされてるんでしゅよぉ~~~☆
そしてお城に飽きてる・・・羨ましい言葉の響き・・・
あっしは飢えてます・・・  デッカイドウは新しい文化の土地なので無いから・・・
神秘的で憧れるからいろいろ観たいんでしゅ☆
名古屋行った時は3つ見ました☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

ドクターイエローって言うのですね。
一つ学びました。見ると幸せになれるなんて
嬉しいお言葉、どうもありがとうございます。
実は、数年前にも一回見ているので、見るの
二回目なのです。二回分幸せになれるといいな。
お城、日本に帰る旅にあちこち見に行ってて
今回は、体調が悪かったこともあってちょっと
食傷気味でした。元気になったらまたかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3244-9b443ed8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。