さくらんぼのアメリカ日記 中華街でお食事・オンラインのクラスって大変!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華街でお食事・オンラインのクラスって大変! 

まだ11月の日本旅行の続きです。

いつもの私のわがままな日本行きにつきあってくれるお友達仲間と、今回は中華街でお食事をしました。本当は、このうちの何人かとディナーの前に横浜観光をしようと言っていたですが、あいにく二人とも風邪気味、他の人たちは都合が悪いということだったので、ディナーだけになりました。
友人の一人がよく知っているお店なのですが、いつもお店の名前を忘れてしまうので、今回はお店の写真をとっておきました。でも、名前がよくわからないって話が(汗)
C1_20141130_153913.jpg
ここのお店、どれを頼んでもおいしいのですが、みんなで適当に頼んで、あとは適当にみつくろってもらって…
C2_20141130_160117.jpg
えび系が多いかな。
C3_20141130_160146.jpg
あとはいろいろ
C4_20141130_160941.jpg
スープも
C5_20141130_161010.jpg
これはゆばだったかな
C6_20141130_161357.jpg
あれ、これは、野菜炒めだっけ、ヌードルだっけ…
C7_20141130_170910.jpg
これは、お友達の一人がアンパンマンミュージアムに寄って買ってきてくれたもの。かわいくっておいしくって大好きです。
C8_20141130_174128.jpg
このあと、観光客の少ない側でお茶をしましょうということになったのですが、友人のおすすめのお店は、この日は結婚披露宴か何かの予約が入っていたらしく使えず、代わりにキティーちゃんカフェに行きました。
C91_20141130_182332.jpg
ソファーとかの模様のあちこちにキティーちゃんが隠れているのですが、写真、撮り忘れました。

これは、私の、「話の種」的なプチおみやげ。右に写っているの、タバスコなのですが、大きさがわかるようにコップを並べてみました。
C9_20141130_181900.jpg
「飾っておこう」「いや、使いたい」「使ったら、また中身足しておけばいいの」
なるほど
C92_20141130_182352.jpg
カフェオレが、こんな風に頼んだもの別に出てきます。
C93_20141130_184922.jpg
お手洗いもぜひ見るようにと言われたので写真にパチリと。
楽しい楽しいおしゃべりのひととき、いつもありがとうございます。

以下は、日記というかぼやきというか…

まあね、自分がいかにいろんなことができないおバカかを嘆いていたらきりがないのだけれど…
どのクラスでも、英語で丸一日のトレーニングに参加すると、終わる頃にはすっかり疲れきって、会社に戻って仕事をする気なんてまったくなくしてしまうのだけれど、ほとんどのクラスは、ただ、講義を聴いていて、あとはグループで課題をちょっとこなすみたいな、プロジェクト管理とかコミュニケーションとかそんなクラスが多いから、途中で5分・10分ぼぉっとしていようが、内職してボスからのメールに対応していようが大して問題はない。
がっ…
今回のクラスは慣れないオンラインのクラスに加えて、私にとっては、ほぼ初めての内容になるソフトウェアのアプリのクラス。ほとんどの人は、以前から同じようなことをしていて、バージョンの新しくなったところだけ学びに来たなんて感じだから、はじめからジッタバッタしていた。
で、最近取ったクラスのほとんどは受講生が30人とか50人とかの大所帯だったし、このクラスもオンラインなのでそんなもんだろうと思っていたら…
初日なんて、受講生が8人しかいない。で、講義とラボに分かれているのだけれど、講義と言っても、インストラクターと一緒にトレーニング・センターのコンピュータにアクセスして、ソフトの遠隔操作をしていることがほとんど。で、昨日のように、お昼休みもミーティングは入っていてほとんど休んでいないなんてときは(でも、お昼はしっかり食べた)禁止のコーヒーを飲んでも効き目がなく、ついぼぉっとしてしまう。と、とたんに、画面を見てきがついたらしい講師から名前を呼ばれる。「ほらほら、さくらんぼさん、そこじゃないよ。はい、画面の右上のそこのリンクをクリックして、あ、そうじゃなくてその下ね、そして、このリボンをクリックして、はい、さあ、追いついたね、じゃあ、次はね…」ってな感じ。
もっともこれは私だけじゃなくて、別の人も時々名前を呼ばれているし、数人がついていっていない時は、みんなの画面を見ている講師が気がついて、繰り返してくれるから助かるんだけれど…
ひとりだけおいてかれて、講師も気がついてこないときは、チャットで、「今どこ?」と何回聞いたことか…
んで、昨日も、目を三角にして必死についていっていたら、外線の電話がなった。

無視しようかと思ったのだけれど、連絡待ちの件がひとつあったので(もっとも、これは携帯にかかってくるはずだったが)、ついうっかり受話器を取ってしまった。

そしたらさ、いつもお隣に座っている誰かさんが会議中に自分の携帯からかけている電話だった。
「あの件、対応してくれた?」「え、あの件ってなんですか?」「さっきメールをおくっただろう。」「頼むよ、10分前が締め切りだったんだ。」

10分前が締め切りったって、私はトレーニング中だから、職場にはいないことになっているんだぞ!
で、メールを調べたら11時57分に入っていた。そりゃあね、お昼は取ったけどさ、12時過ぎまで課題をやっていて、オンラインミーティングの設定が間に合わないから、同僚に頼んだら断られて、別の人に頼み込んでやっと12時15分のミーティングに間に合わせて、終わったら駆け足で課題に戻ったんだから、メール読んでる時間なんてまるでなかったじゃないか。おまけに、このトラブルは普通、ルクセンブルグに送って明日まで待たなきゃ直らないんだってのに…

とは思ったが、仕方がないので、講師に「30分抜けます」とチャットで連絡して即効で片付けた。ま、奇跡的に片付いたからよかったんだけどね。

だけどさ、私が簡単にできる、簡単でおいしい仕事は、「君、できるかな?忙しかったらいつでも言ってね、他の人に回してあげるからね」ってやさしく言ってくださる方が、どうして、こういう、ぎりぎりの時間のぎりぎりの問題になると、こんなどうしようもないタイミングで電話してくるんだ!

あわててクラスに戻ったけれど、ひとりだけ課題が残っちゃって…お残り勉強の気分。もっとも、「遅くまでごめんなさい。」「いや、気にしないでいいよ。さて、みんな終わったかな」って言ったら、一人、お子さんのお迎えに行っていたと思しき受講生が、「いえ、今始めたばっかりです」とか言っていたから、厳密には最後の一人ではなかったんだけどね。

あ、書き忘れてた。私に何ができないのかっていうと、生まれつき、空間把握の能力がゼロだから、Rightと言われたら右で、Leftが左だというのは、即わかる、右上とか右下も、言葉ではわかるんだが、画面上で、そこのボタンを探せといわれても、右みたらいいのか左みたらいいのか、上なのか下なのか、瞬時に判断できないんだよねえ。左って言われて右側探しているのは私くらいかもしれない。

ああ、疲れた。

コメント

なんだかお疲れ様でした・・・
しかし、お勉強しながら急遽のお仕事を処理しちゃうそうゆう臨機応変さはあっし好きでしゅ☆
パパパッとやれる人は好きでしゅ☆
しかし、難しいお勉強されてる様で・・・
あっしはパソ管理しておきながら、全く級持ってないし、講習には行った事にゃいし・・・
電気屋の娘で初代の時からお店で触ってるお蔭でわかるだけで・・・
ほんとは習わなくてはならないでしょうけど・・・
そうゆうとこ、この年だし悩むところでもありましゅ・・・
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

いつもありがたいお言葉、ありがとうございます。
私も、こういうコースって取ったの初めてなのです。
エクセルの関数とかプログラミングの基礎とかは、
アメリカの大学のクラスを取った時に
当時、多分70歳を越えていたと思われる!女性の教授から
教わったのですけどね。こんな年配の方がこんなにパソに
詳しいなんて、アメリカは進んでいるんだって思いました。
無事に終わってやれやれって感じです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3245-570b43a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。