さくらんぼのアメリカ日記 書類の山の整理

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書類の山の整理 

私の場合、週末にやるべきことで、一番後回しになるのがお買物。
着る服や靴がなかったり、電球が切れていたり、はたまた、食べ物のストックが切れ掛かっていても、面倒になるとそのまんま。で、数時間の予定が丸一日かけて、部屋のお片づけというか書類の整理に明け暮れていました。

なので、写真は、3月21日にアップしたはずなのですが、写真そのものの日付は10月になっていたとんでもない古いもの。
あの長い出張の前に焼いた食パンと
IMG_5529.jpg
適当ご飯その一
IMG_5516.jpg
適当ご飯その二
IMG_5531.jpg
いか、ひとりごとというか、日記というか、私の片付け下手がばれますが…

書類に関しては、1月にがんばって片付けて以来、あまり溜め込まないようにしようとは思っていたのだけれど、で、支払いとかその手のものはすぐにあけていたのだけれど、いつのまにか、また山になっていたので、それを片付けて、あとは、ずっと前から手付かずになっていたふるい書類の束を少し整理して…

やっと、移動式の書類の山トレイ(←人が来るときは見えない場所に隠す)が、きれいになりました。
キッチンは、ちょうど食品を入れる棚にしたい場所が、ガーベッジコンプレッサーになっていて、こんなもの、お金をかけて取り付けても誰も使わないのにといつも恨めしく思っているのですが、このせいで食品棚がなくて収納ができないと思い込んでいます。

でも、他の人に言わせると、カリフォルニアの標準では、私のキッチンはかなり広いらしく、そんなものかと整理をしてみたら、意外にきちんとおさまるということがわかりました。使わない空き瓶とか空き缶類は、バルコニーの収納棚にうつして…とやっていたらあちらこちら片付けたくなって、結局、使っていない古い箱類や本などをガレージに動かしました。

んで、それに加えて書類を整理していたら、今度は引き出しの中まで片付けたくなって…
気がついたら夜の10時。

実は、最近、コンドミニアムのアプレイザル(評価???)とか、アラームのチェックとか、スプリンクラーの修理とかで、人が来ることが多かったのです。アプレイザルの時は、例によって書類の山トレイはクロゼットに隠したので事なきを得たのですが、スプリンクラーのチェックはクロゼットの中のスプリンクラーとかもチェックする必要があったりで、あっとこれは去年だったのですが、このうちの一つが修理が必要ということで、まあ、とりあえず、ベッドルームの片隅においておいたのですけどね。

あと、アプレイザルの時に、今回の人はやたらと写真を取りまくっていて、レポートに、部屋の写真がたくさんたくさん載せられていて、ぎょっとしました。はい、一応、片付けてはあったのですが、まさか、こんな生活感丸出しの部屋の中をそのまんま、片端からレポートに載せるとは思わなくて、なんか、キッチンにかかっている日本手ぬぐいが場違い…みたいな印象があったのですよね。

あ、せっせと刺し子布巾を作っているのも、この手ぬぐいをこじゃれた色の布巾に置き換えたかったから。

なんか、支離滅裂な内容になりましたが、とりあえず、リビングの書類の山が消えたら、気分的に心がものすごっく落ち着きました。普通、週末に何かしなければいけないときは、現実逃避でとりあえずお茶を飲んでから…ということで、最近、紅茶を飲みすぎると胃が痛くなるので、よく緑茶を入れます。きちんと煎れた日本茶は、お湯飲み一杯で十分なはずなのに、席を立ちかねて2~3倍とがぶ飲みしてしまっていたのですが、今日は、一杯で十分でした。そうでうすよね。香りよく煎れた緑茶を立て続けに3倍だなんて、お茶が台無しになってしまいますものね。
やっぱり、あれも現実逃避だったのですね。

あ、現実逃避で思い出した。
今日、とんでものない思いがふと頭に浮かびました。
これを書くと、中世のカトリック教会から魔女裁判にかけられるだけでなく、同じく中世(でしたよね)の日本の武装した仏教徒から焼き討ちにあいそうな気配ですが…

ひとつのことに心をこめて、自分の体の細部の動きまで注意を払って、気を抜かないように、この一瞬を大切に。。。というのは、お茶とかの作法につながるような気がするし(って私、たしなみないのですが)、禅宗の食事の仕方とか修行のひとつひとつに通じるものがあるのかなあ、なんて思っていたら、心に浮かんだ言葉

悟りとは、究極の現実逃避である!

私は、白状してしまえば、4歳の時に信じてしまったキリスト教の神様への信仰が、それを12歳から10年近く、理屈命のSakulanboがどれほど理屈を駆使して否定しようとしても捨てられずに、しぶしぶともとの信仰に舞い戻ったわがまま勝手なクリスチャンです。

なので、聖書やイエスキリスト様の教えは、そりゃあ、ありがたい御教えには違いないのでしょうけれど
それができないのが人間なのに、そのできないことをするべきであるって、万能の神様が自分で創造した人間に向かっていう言葉ではないでしょう!
という、4歳時の時の疑問(の一部)をそのまま持ち続けています。

で、そんなこんなでふとひらめいた、↑の一言。
そうだよなあ、人間は、ないものねだりをするから、エデンの園の楽園を半ば自らの意思でおんでちゃったんだよなあって。あ、この部分は、正統派のキリスト教の解釈ではありませんので、あしからず。

でも、お釈迦様は、ある意味、人間が欲するほぼすべてのものを手にできる恵まれた環境で、大切に大切に育てられたのですよね、それでも、そこを出てしまったってことは…

コメント

全然テケト~に見えないお食事たち。
とっても美味しそうでしゅよぉ~。
パンなんてこんっもりしてて美味しそう~~☆
http://blog.ap.teacup.com/hokkaidou/

ぽん様

どうもありがとうございます。
手抜きご飯なんですけど、テケトーに見えないって
言って頂けると嬉しいです。
パンは、お店で買うとおいしくないので、自分で
焼くようにしていたのですが、最近、くじけてます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3280-ff5aa402

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。