さくらんぼのアメリカ日記 少し前の食事記録・条件反射

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前の食事記録・条件反射 

5月2日のフォルダに入っていた食事の写真。
キッチンの乾物を整理しようと思って作ったチャプチェというか春雨というか…
IMG_6133.jpg
エアルームトマトとケールのサラダ
IMG_6131.jpg
横になっちゃったマンゴー
IMG_6129.jpg
いつもの適当やさい巻きラップサンド。
IMG_6126.jpg

オンラインでNHKのフランス語講座を聞いていた。
次のように誘われたら、どう答えますか?好きなように答えてくださいと言われて
質問は
今晩、一緒に食事をしましょうか
On dine ensemble ce coir?
で、質問者は男性でした。
肯定でも否定でもどちらでもよいのですが
言われた途端に背中がぞくっとして
Désolée, mais je ne peux pas.
と答えていました。語学の練習なのですから
Oui, avec plaisir.
でよい筈なのですけれど…

思えばこの答え、中学校の時に、ちょっとステキな男の子から「デートをしてください」と言われて、断り続けたのに3人がかりで一時間近く説得され続けて、へとへとになって断って以来のデフォルトの答えです。
いくつになっても男性恐怖症(???)は変わらないのですね。

普通はね、年頃になれば変わるのよ。
と子供の頃から言われ続けて

年頃をとっくに過ぎてからは
あなただって、好きな人に出会えばいまに変わるわよ
といわれ続けてきたのですが、最近は

それであなた、結局、結婚はしないつもりなの?
に変わってきました。

もともとガードが固く見えるのでしょう。
めったに誘われることのない、もてない人ではあるのですが…

で、ガードが固いと思われているらしい理由は、古い写真や大人になってからの自分の体の反応で気がつきました。大学生の時に、水着姿で中学生の男の子と女の子並んで写真を撮った写真があるのですが、見た人の反応は
1.どっちが中学生かわからないね
または
2.さくらんぼさん、腰が引けてるよ
(無意識のうちに体が中学生の男の子から微妙に離れてました)

アメリカでおばさん年齢に達してから大学の授業を取った時に、教授に質問があって教授が、「あそこでゆっくり説明してあげるよ、と近くにある二人がけのソファーに座ったときのことですが、男性と一緒にすわるときは、なんとなく、無意識に、3人がけのソファーに二人ですわるような間隔で座っていた私、還暦を過ぎているであろうと思われる教授の隣に座るのがなんか苦痛でした。

ばばあになろうとこの感覚はかわんないんだよね。
おいらには、やっぱりガキの部分とババアの部分しかないんだと思う。

こういうのを究極のもてない奴というんだよ。
君、どうして結婚しないの?

のこたえは
「(もてなくて)」誰からも誘われないから。」

誘ったら、デフォルトでNoというのがみえみえのやつなんて、誰も誘わないって。

え、男性嫌いではないのですよ。
好きな人は一杯いるのです。
でも、絶対に私を誘ったり興味を示したりしないであろう人とか、絶対に手の届かない人しか好きにならないの。
フランス在住の誰かさんとかね。

コメント

今回は恋愛事情話になってましたねぇ~☆
人それぞれ☆  今のご時勢、結婚しなければならない訳でもないし、結婚せず同棲のみのカップルも居れば、独身貫いてる方々も居ますし、毎日楽しければいいと思いますよぉ~☆
お食事、なかなかいい感じだと思いました☆
人が作られてるお料理はそそります☆
http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

はい、気がついたらそうなっていました。
食事、なかなかいい感じなんて言っていただけて
すごっく嬉しいです。でも、手抜きなんですけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3293-3dd98d80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。