さくらんぼのアメリカ日記 荷物を捨てよう

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物を捨てよう 

ひとりごとですが…

その前に、写真は旅行前のバタバタしていたときに焼いたバナナクリームパイ。
デコレーションに失敗したのをごまかそうとして砂糖菓子を飾ったらよけい収集がつかなくなっちゃうし、レモン汁を使ったのにバナナはやっぱり変色しちゃったし、チョコレートをかざろうとしたらかつお節みたいになっちゃったし、パイ生地は冷凍だしと、やる気のなさ丸出しですが…おまけに、持ち運びでさらにデコレーションが崩れた!
ま、おいしくお腹に入っていただければよしということで…
20150513_100409.jpg
で、以下、ひとりごと

会社で一人で仕事をしていて、ふと、気がつかないうちにいろいろな荷物を背負い込んでしまっている自分がいることに気がついた。

北カリフォルニアでの仕事で、仕事上のイベントに参加した時にある程度みっともなくない服装と持ち物(←いつから私が着るものの心配なんかしだしたんだ!)
日本で仕事をするときの(もしお客さんに会うことがあったらに備えての)着替え
ホテルの受け付けに立ち寄るときのよれよれじゃない服装…というか、実際は、顔を覚えられているので、本人の内面は隠しとおして、いかにも旅慣れていますという風情で振舞う私…
バッグに靴にアクセサリー…って、靴はうそ。今回はサンダルも持っていったけど、足が痛いのでずっとスニーカーですごしたが…
あ、仕事用のバッグも嘘か。巨大なコンピュータが入るコンピュータバックパックを毎日かついでいたもんな。

ちなみにこの巨大ラップトップ、私がアメリカ人にITに何度抗議しても、まったう聞いてもらえない。大きいほうが性能がよいのだの一点張り。で、日本の方から言われた。
「他の方のラップトップは心配ですが、Saulanboさんの巨大ラップトップを持っていく人はまずいないでしょう」と。
で、私
「他のアメリカ人のラップトップも私のラップトップもまったく同じ大きさで、コンピュータバックなんかは彼らのほうが大きいのを持っているのですが、私が持つと、どうも、大きく見えるらしいのです」と

事実、このコンピュータバック、アメリカ人が持つとコンピュータバックとして、これにもう一つ、機内持ち込み手荷物が許されるのに、私が持つと、これ一個で機内持ち込み手荷物扱いにされてしまう。。。

あれ、重たいバックパックの話じゃなかった。
人生のお荷物の話だったんだ。

仕事をしていて「お荷物」に気がついたのは、アメリカに住んで、アメリカで生活して、アメリカで仕事をして、私が、サバイバルのために「当たり前」と思ってやっている当たり前の事が、多分、同年代の日本人にとっては当たり前じゃないことが多いのかなあとふと思ったから。

曰く
レストランなどではお財布の入ったバックは必ず身に着けている
頼まれた仕事は最後まで責任を持って終わらせる。準備もきちんとする。決して投げ出さない。(←だって、投げ出したら次はこないから)
仕事の準備はできる範囲で完璧にこなす
必要な自己主張はする
面倒くさい税金の支払いや書類手続きは期日どおりにさっさと済ませる

等々、それをやるのが当たり前、それをするのが私、それができるのが私…







それをして、人からほめてもらって「偉いね」って言われて悦に入っているのが私…

というとんでもないところまで、考えが瞬時に跳んだ。

で、先日、日本のテレビで見た、渡辺謙さんだったっけ?の「いつもがけっぷち」「前にやったことはすべて吐き出してゼロにしてしまわないと次の作品に取り組めない」みたいな言葉(ちょっと違ったかな)を思い出した。
この言葉、規模とスケールに格段の仕事があるが、ちょっと視点を変えると私の仕事にもあてはまる。ひとつの仕事がおわって、「よくできましたね」と誉めてもらえたところで、その褒め言葉と、有頂天になっている自分は、次の仕事にはなんの役にも立たないどころか、時としてそのプライドは仕事の邪魔になる。

「じゃあ、いったいどうして、この大量に抱え込んでしまった無用のお荷物を捨てればいいんだ!どれもこれも私には大切なものだから、捨てるなんてできないよ」と思ったときに、「いつも崖っぷち」という言葉を思い出した。

「ああそうか」と

「私にとって必要なものは、ただ、目の前にある『今』の課題だけなんだな。
この課題をこなすのには過去は関係ない。とにかく、この一瞬を大事にするしかないんだな。この一瞬一瞬が真剣勝負なんだな。
「できるはず」とか「できて当然」という言葉も関係ないのだなあ

と思った次第。
ま、単に言葉に触発されただけで、大俳優に自分をなぞらえるつもりは微塵もありませんが。
そして、そう、所詮は私のやる仕事、一瞬一瞬を大切にせずに、「や~めた」と投げ出してしまったところで、大勢に問題がでないことはわかりきってはいるんだが…

なんとなくね。

コメント

お仕事のお荷物・・・  それは優先順位を付けて片付けて行けばいいけど、皆から持ってこられたら・・・  最後は手分けして戻してしまったら?
そこまでお人よしじゃないおって上司的に仕事仕訳して手伝ってもらう形でやって貰っちゃえばいいのだよ。
使われるのは嫌でしょうに・・・
そしていい成績は取っておくのでしゅ(笑
見た目ってプロじゃないからなかなか難しいでしょうねぇ~  でも美味しく頂けてるんだから、皆さんの信頼も強し♪
http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

あはは、上司が仕事の仕訳をしてくれたら楽なんですけどね。
このパイの見かけは見事に失敗しました。
バナナクリームパイのデコなんて失敗しようがないのに…
やっぱ、気がせいていると、失敗するみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3314-35547003

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。