さくらんぼのアメリカ日記 日本で食べたものその2(かな)・仕事やめたい病

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で食べたものその2(かな)・仕事やめたい病 

もちろん、これも6月のもの。
今回は、やたらおにぎりが食べたくなりました。
Yoru00.jpg
肉巻きおにぎりと蒸し鶏のサラダ。あれ、これは向きが縦になってる!
Yoru0.jpg
おなじくおにぎり。
Yoru1.jpg
牛タン弁当。
Yoru2.jpg
蓋をあけたとこ。
Yoru_5_-.jpg
これはお友達につきあってもらって外で食べた日。突き出しのオニオンと
Yoru_5_2y.jpg
ガーリックポークステーキ。
おいしかったあ。

10月の人事異動以降、ずっと罹っている「仕事やめたい病」がかなり悪化しています。
理由は、私が自分の仕事をきちんとこなせばこなすほど、私の大好きな元上司の機嫌がどんどん悪くなって、手に負えなくなりつつあるから…

というより、自分の仕事が正当に評価されないのが一番つらいのかな。いや、他社の人とか他部署の人とか(多分、今上司からも)は、評価されてるみたいなんだけどねえ。

分裂病的な細切れ時間の仕事で時間刻みで仕事の内容が違うというのも疲れている原因かも。

時間刻みの仕事の一部は、たしかに、やればやっただけ評価してもらえるところはある。どれだけ良い評価がこようと、それがどこからどういう形で入ってくるかによっては、元上司の機嫌が悪くなる場合もあるが、まあ、こちらの仕事は、元上司の利害関係とは一致しないから、比較的、害はない。こちらの仕事の問題は、きちんとした仕事をすればするほど、次回の期待が大きくなって、難しい仕事ばかり回ってくるようになること。
そろそろ、身がもたないんですけど…

まあね、いやなら断ればいいんだけどさ、やっぱ、この仕事は好きなんだよなあ。
んで、上の、元上司の機嫌を悪くする仕事とどっちが好きかって考えたんだけど、両方好きなんだよね。

嫌いな仕事ならさっさと辞めてるんだけどさ。
だから、好きな仕事だからきちんとやるんだけど、それをすると、人から嫉妬されたり、元上司の機嫌が悪くなったり…

んで、仕事を辞めたいよをと叫びつつ、まだレジュメをアップデートするまでにはいたっていない。
ついつい、昔の知り合いに電話して仕事を紹介してもらおうかって気分にはなるんだが…

今の課題を解決しないまま逃げ出しても、結果は一緒で、どこにいっても同じ目にあうだけなんじゃないかとは思う。

じゃあ、いったいどうすればいいんだよ~~~

今上司からは、「この忙しい時に、いちいち君の面倒は見てられないよ」という代わりに、「You have a lot more power than what you think you have.」ようするに、「いちいち僕の保護は期待しないで、自分の仕事の面倒は自分で見てね」と言われたから、「んじゃ、どうなっても知らないよ」とばかり、やりたい放題の野放し状態にはなっているんだけどね。ただ、これだと、いろんなことで角が立ってしまう。円滑な人間関係を望むなら、難しいことはすべて上にまかせて何もしなければ良いんだけれど、今上司は、「細かいことはメールのCCも入れなくていいんだよ。全部、君にまかせたんだから」と放任主義。
あ~あ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

コメントどうもありがとうございます。

元上司の機嫌悪くなってもちゃんとお仕事した方がいいと思うし、お好きなら尚更、今まで通りきちんとお仕事してればいいのだよ☆
今の上司は突き放すタイプの様でしゅが、一々報告しておいた方が、いざと言う時の自分保護の為にしておいた方がいいと思いました☆
今のお仕事お好きで、きちんと仕事出来るのであればそのまま続けてればいいと思います☆
まわりなんて関係ないし、仕事してお金貰ってるだけなんでしゅもの☆  いいのら☆
あっしの上司なんて毎日機嫌違うので合わせるのに大変なの・・・
でも、自分のやる事だけまずきちんとやってれば、何も言われないし、今自分の仕事の状況一応機嫌悪くてもメモでも報告しておけば、自分保護にもなるしで同じくやってましゅ☆

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

そうなんです。結局、好きでやってるんだろうなあって結論に達しました。
結構大変な仕事が好きだったりすると、ちょっとなんだかなあと思うのですけど
こういうことがないと退屈してしまうみたいです。
過去に仕事をやめた一番の理由は、(言い訳はいろいろありましたが)退屈って
ことだったと思います(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3325-d3e5d52b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。