さくらんぼのアメリカ日記 フランス風のビストロでブランチ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス風のビストロでブランチ 

少し前にフランス語でメモっておいたまんまだって一行しかないけど(汗)

ま、アメリカのカフェだから、スペイン語を話すウェイターさん、ウェイトレスさんが多いんだが、マネージャーかオーナーと思われる人とその下の数人はフランス語、私が聞こえているのがわかったらしくって、メルシーって言われちゃった!
いつものごとく、パロアルトで、お友達のオムレツと私のフレンチトースト。オムレツのとなりに乗っているのは手作りと思われるスコーンでした。

Déjeuné avec K dans le bistro Pastis à Palo Alto.
PP2.jpg

PP5.jpg

PP4.jpg

Le 2x juillet 2015
À Palo Alto, avec K.
Aujourd’hui, c’est dimanche, un jour de marche.

PP7.jpg
FM3y.jpg
FM2.jpg

以下、追記です。
金曜日、私と一緒に仕事をしていた人たちは、その30分前に私が職場で思い出し泣きで大泣きしていたなんてことはまったく知らない筈...ってか、ばれていないといいなあとは思うんだが、なにしろ、いつもの通り、口紅以外はすっぴんだからねえ、こういう時用のファンデーション、どっかの引き出しに入っているはずなんだが、ひからびてるかな???
あっと思い出した。金曜日は、引き出しの底から干からびた茶色のアイシャドーが出てきたからつけたんだった。普段はつけてるかつけてないかわかんないよって、お化粧してもお化粧しても、すっぴんややめなさいっておこられるシャドーの色なんだが、寝不足のはれぼったい目を隠すのと、泣いた後でふちがちょっと赤くなっているとこを隠すには最高の色なんだよね。

実は、今日も泣きそうになったんだが、思いとどまった...
というか、話すと泣きそうになるから話題を変えた。

上司に、「話せばいいじゃない。僕の前なら泣いてもかまわないよ」とやさしく言われたが、お言葉にあまえて大泣きしたらあとが大変だよね。

しっかし、ここ数日、いったいなにをそんなにめそめそしてるんだろうか。

でも、ちょっとやってみたかったな。上司の前でよよと泣き崩れて大泣きに泣きまくるって(笑)

コメント

いやいや、泣かなくて良かったと思うよ。
弱いとこは見せず、悔し泣きならしてもいいと思う。
優しいお言葉には裏もあるかもしれないので、今の上司と前の上司に挟まれてる状態だし、我慢する程度で良かったと思います。
泣く程、辛そうだね・・・
あっしは痛みに出ちゃってつらいでしゅ・・・(苦笑

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

お心遣い、ありがとうございます。
そう、やっぱり、泣かなくて正解ですよね。
泣いたら後が大変。
ぽんさんは痛みに出てしまうのですか。
それも大変ですよね。
ご無理なさらないでくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3339-f811d201

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。