さくらんぼのアメリカ日記 ホットビスケット・私の課題は何?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットビスケット・私の課題は何? 

最近の週末パンは、ちぎりパンと山食パンと、あと、スコーンかホットビスケットの繰り返し。
なので、変わり映えしない画像ですが…
Suko1MG_6415.jpg
ジャムも出したけど、メープルシロップでいただきました。
でも、二つに割ってシロップかけた写真はボケボケなので没。
SUko2IMG_6417.jpg
以下、しょうもない独り言です。

前にも書いたけれど、仕事を辞めたい病を思いとどまっている大きな理由のひとつは、過去の経験から、目の前に大きな課題を抱えたままで逃げ出しても、結局、同じ問題がどんどん大きくなっておっかけてくるだけだから…
というのがある。
たしかに、理由は違うが、今の状況は、ミシガンの状況を辞めた時の状況に酷似している。
ただ、あの時は、留まる価値のない会社であり仕事であったから、さっさと辞めた。
辞めた理由は、人間関係とトラブルの嵐の中に放り込まれて
Lose Luse(Win-winの反対のSakulanboの造語。どっちに転んでも失うだけというもの)の状況だったから。
私の持論の、仕事を続ける理由は次の三つのうちのひとつ
お給料がよい
新しい事が学べて自分の経験になる
人間関係がよくて楽しい働きやすい職場である。
の3つのうちの何一つとして満たしていなかったから。

経験が自分のものにならないというのは、完全な約束違反…

今、直面している課題はあの時とはまるで違うのだけれど、Lose Lose Situationというのは同じ。
つまり、どっちに転んでもうまく行かなくって、私は邪魔者だから、私がやめればすべてはうまくいくといういつものパターン…

と考えていて、ふと気がついた。
私、会社を辞めるときか少なくとも転職先を探し始める時は必ず、「仕方がないよ。ここにいたって泥沼でもうどうにもならないから」という状況になっている。

唯一の例外が、今の会社に就職した時。この時は、前の仕事を辞める理由なんてまるでなかった。否、将来性には乏しかったが、人間関係も悪くなくて、仕事も楽しくて、お金も悪くなくって、まあ、経験になるっていう点でもそんなに悪い仕事じゃあなくって、事実、「それってレジュメに書いて自慢できますね」ってうらやましがられるくらいの経験をさせてもらったのだけれど、カリフォルニアの仕事の話が舞い込んできて、前の仕事に後ろ髪をひかれつつ、私の中の何かが、「この仕事は受けないといけない」と判断させて、いつもの私とは正反対の、つまり条件と私の好き嫌いを考えたら、絶対に引き受けるはずがない仕事をお腹の中からの直感的な判断で引き受けてしまった。

結果、いままで以上たたくさんたくさん楽しい楽しい経験ができて、あの判断は間違えていなかったと確信していた。いや、いまでも確信している。あの決断がなかったら、今の私はなかった。

なのに、なのに、ここに来て、またいつものパターン。。
「私はなんにも悪くないんだよ。状況が悪すぎるんだよ。こうすればA氏を怒らせるし、こっちに転べばB氏を怒らせるし、でも、それをしないとC社が怒るし、なによりも、今の状況だと、私がとっても不幸だし…やっぱ邪魔者は消えよう。そうしれば、すべてもが丸く収まるのだから」と考えたい気分になっている。

でも、過去の経験から、邪魔者が消えてもものごとは丸く収まらないことは目に見えている。とある会社で、誰にも理由は言わなかったけれど、私がやめる原因を作った人は、どうも私の辞職直後にとある途上国に左遷されたらしいし…

つまり、私は、理屈ですべての条件を考え出して、理屈から考えたら、もう、私にとって一番簡単な選択し(←変換できない)は、辞めるしかないことだと自分を納得させて辞めている。日本の会社を辞めた時からずっとそうだった。
そして、その時々の課題は、解決するまで、永遠に追いかけてくる。

で、わからないのが今の状況。過去の経験とお腹の中の判断は、私に、今の職場に踏みとどまるように言っている。辞めても、同じ問題が追いかけてくるだけだからと。
それはわかる。過去の経験で、うっかりすると、「○○さんがきらい!と言って辞めた次の職場の仕事にまで「○○さん」が追いかけてきたことすらある!

だけど、今、ここで私が克服しなければいけない課題はいったい何?
問題は、あきらかに過去のパターンと違う。ただ、追い詰められた状況が同じだけ。

ひとつ、明らかのことは、誰かが「問題からは逃げるな」と言っていること。
問題は、逃げたら追いかけてくる。
でも、逃げなければ、追いかけてきた巨大な雪だるまに押しつぶされそう。

この雪だるま、私がくるっと後を振り向いて、直視すれば、きっと、アイスクリームになって溶けていってしまうはずだというのは、頭ではわかる。

でも、いったいどうしたら、、逃げ出せずに後ろを振り返って、問題を直視できるというのだろうか?
解決法の目処なんてまったく立っていないこの状況で???

コメント

解決策かぁ~・・・
職場問題なんだから、自分の事を大事にして考えるといいかもしれませんね。
人の事を考えてると凄く疲れてくるし病んでくると思うから・・・
行き詰ったら、もぉ~自分がいい様に解決して行くのも手かもしれませんよぉ~~
回りが外人で、日本的に気を使わない人たちなので・・・
あっしみたいにストレスにやられないでね・・・
いろんなところに体調不良来ちゃいましゅよ・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

いつもありがとうございます。
なんか、アメリカに来てまでって
思うのですけど、どろどろの人間
関係の中に放り込まれちゃってって
感じです。
ほんと、自分を大切にしないと
いけないのですよね。
ぽんさんもご無理しないでくださいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3343-7b672ab8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。