さくらんぼのアメリカ日記 香りの記憶とオフィス事情

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りの記憶とオフィス事情 

どうでも良いひとりごと日記ですが…
その前に数日前に作った残り物のり巻き。
青ジソとたくあんを混ぜると色が悪くなるということを発見。
norimakiIMG_6486.jpg
友人と、コロンやポマードの匂いの話をしていて、友人が「ものの本で読んだのだけれど」と言って、無意識に嗅いでいる香りや匂いというのが微妙にその人の心理的な状態に影響するらしいという話をしてくれた。実際、女性は、男性を好きになる時に、嗅覚で自分の将来の子供にとって相性がよいお父さんになる(というか、よい子が生まれるであろう)遺伝子を持った男性を本能的に嗅ぎ分けると聞くし、その昔昔読んだ、社会学だったか心理学だったかの本では、中世かもう少し後(くらいだったと思う)のヨーロッパの村の風習として、ダンスを踊る際に男性が自分のハンカチを女性の顔に近づけるか女性の顔を拭くかして匂いを嗅がせるなんていう、あんまり聞きたくない話も同じような例として乗せていた気がする。

この前ちょっと書いたけれど、先週末にオフィスを引越しした。で、今、ものすごっく幸せである。
なぜかっていうとね、今のオフィスはね、嫌なにおいを発しているひとがいないの。

前のところはね、差しさわりがあるからいわなかったけれど、前の男性が時々靴脱いでると、なんか、変な臭いが漂っていたり、誰かの汗臭い匂いがしてたり、別の男性と例の靴下の男性の襟元かから、「これって加齢臭」と思わせるような匂いがときどき漂っていたの。もっとも、私の大嫌いな加齢臭かと思っていた匂いは、どうも男性が使うポマードの匂いらしいということが最近判明したが…

基本的に、子供の頃から男性は嫌いである。電車の中で出会う男性はほとんどがくさいから嫌い…
と思っていた私の嫌いな匂いは、ポマードの匂いだったのですね。高校の時の担任は、この匂いゆえに私から嫌われまくっていた。

ただ、中学生の頃だったかな、電車の中に、(というか、正確には電車を待つ駅のホームと、乗り込む電車の両方だが)ひとりだけ、ステキな大人の男性がいた。かなりお洒落な伊達男っていう感じで、グリーンや夏だとオフホワイトのスーツを着ていてることが多かったのだけれど、この男性にひかれた理由は、ふわっと漂ってくる香りがステキだったから。私が惹かれる男性は、すべて、私の好きなコロンかアフターシェーブのローションの匂いがするんだよね。好きな香りだと、男性用を承知でパスソルトとかでこのフレーバー(香り?)のを自分用に買うことがあるくらい。

これは、男性だけに限らない。仕事で出会う女性から、何かのはずみにシャネルの香水の匂いとかがしてくると、それだけで印象ががらっと変わる。

今のオフィス、周りに私の嫌いなポマードをつけている人がいないんだよね。幸せ。

ちなみに、最近、「恋の予兆」的な夢を良く見る。いくら私の夢がよくあたるからと言って、この歳で恋はありえないのだが、なぜ、ここにきてこんな夢を…とよくたどっていったら…

はあ、中学生の時の電車の人とおんなじ匂いがするんだよねえ。

コメント

匂いってほんと困りますよねぇ~・・・
今、日本の柔軟剤ってアロマの匂いとか言って売るので、大迷惑してます。
香水の様に、体が熱ると余計匂いが出てきて、柔軟剤の匂い満載になるオフィス。
この記事読む前に、今事務所で風に流れて凄く匂ってるババにムカついてマスクしてるくらいな矢先の内容にプチシンクロしました(笑
匂い吸いたく無いから呼吸困難になりそうで、咳き込みます・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

わ、柔軟剤の匂い、大変ですよね。
こちらだと制汗剤の匂いになることが多いです。
匂いの問題、プチシンクロですね。
マスクつけたくなる気持ち、よくわかります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3351-faa7f7cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。