さくらんぼのアメリカ日記 へいへい、みんなわたしが悪いんです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へいへい、みんなわたしが悪いんです 

本日もひとりごとですが、その前に7月に食べたドーナッツピーチの写真を
IMG_6255.jpg
カリフォルニアだと白桃も普通に食べられるのですが、おいしい白桃がない地域に住んでいた時によく食べていました。
チャイニーズのお店でよく見かけるんだよね。
IMG_6256_20150919151825831.jpg

んで、以下、ひとりごと。
最近の、私の鬱々とした気分をよく知っている今上司、言葉の端っこから、多分、私に同情して好意的に見てくれているんであろうことは伝わってくるんだが…まあね、上司だから、仕事はスムーズにはかどらせないといけない。
んで、言うことが、ムチャクチャ言ってくる奴は社内カスタマーってことでお客様扱いして適当にあしらっておけばいいんだよ。だけど、所詮はお客様なんだから、無碍には扱わずに、言っていることは聞いてあげるように
というのがひとつと
問題はね、きちんと、わかりやすく、誰にもわかるように記述するんだよ。それができれば、問題のほとんどは解決するのだから
とおっしゃる。

そりゃあさあ、言ってることはごもっともだよ。
でもさ、私のまわりの、わがまま言い放題の人たち(若干一名だが)のオンパレードとさ、この世の中にロジックなるものがあることを知らずに、教わったことを繰り返す以外には頭の使い方を知らないが故にむちゃくかhなことをさりげなくやってしまって

Sakulanboがきちんと説明してくれなかったからいけない…って同じメール3回送ってるんだけど、再送しようか…

という環境に身をおく私としては、せめて私がお客様の立場にある社外のベンダーさんからは、大切に扱ってもらいたいもんだとは思うんだが…

相手は専門かかし家だし、簡単な問い合わせメールで済むはずだとおもって、ちょっとしたトラブルの状況を説明して、設定も問題かどうかを教えてほしいという短いメールを送った。

おっつけかえってきたメールが、「ログファイルもなにもついてないメールを送られても、トラブルシュートができるわけはないだろう」とのこと。

はいはい、あれ、取り出すのに時間かかるし、メールサイズが大きくなるんだけど、仕方ない…
と、翌日、ログファイル二つつけて、スクリーンキャプチャーを6枚くらいつけて、もういちど同じ状況を説明して、トラブル発生の時間も詳しく書いて送った。

だってね、ついこの間のトラブルでは、9月に起きた問題って書いてログファイル送ったのに、7月に発生しているエラーを見て、「この設定間違えただろう!」とか言ってくるから、「それは7月のエラーです」って書いたら、返信メールで、「次回は問題発生の日時を明記するように」っていう指示つきだったんだもの。

んで、時間をかけてぜ~んぶデータ送ったら、データ読む時間なんてまったくないとおもわれる2、3分後にメールがかえってきた。
「君、まさか、これとこれやって、こういう状況になっているの?」と。

そうだよ。そのまさかだよ。私だったら絶対にそんなわかりきったことはしないけれど、わかっていない人がめちゃくちゃやったから、多分、偶然に問題が見つかっちゃったんだとはおもうけど、設定の問題みたいだし…

とは書かずに、
「だからあ、一番最初のメールにそう書いたでしょうが」とはかけないけど、でも、「最初のメールにその旨を記載しておりますので、対応を依頼します」と書いたら、「わかった」とのお返事。

あの、私、お客様の側だとおもうんですけど。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3356-bc64fcd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。