さくらんぼのアメリカ日記 私の心のとげ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の心のとげ 

いつものひとりごとです。
その前に、7月に作ったグリーンティーソルベ。なんかぼけているけれど。
IMG_6287.jpg
とある時に、とあるところで、「では最後の質問です。どなたか…」と言われて、最初に手をあげたのは私。司会者がすぐに気がついて、指名してくれたのも、間違いなく私。でも、私の前に席の方が、少し遅れて手をあげて、指差した方向も一緒だったので、ご自分が指名されたものと思って発言しようとして、司会者の方がとまどった。
こういうときの私の反応パターンはいつも一緒。にっこりわらって「どうぞ、ご質問なさってくださいな(私の質問なんてどうでもよいんですから)」と譲ってしまう。
ま、職場の同僚が聞いたら驚くとは思うが。

これが私のパターンだよなあ。自信がなくて、世の中のステキなものやすばらしいもの。いい学校にいったり、ステキな人と結婚したり、いい会社に就職したり…というのは永遠に私とは無縁だと思っているから、チャレンジしようとも思わない。。。

がっ

ステキな生活力のある男性と結婚しないとなると自活しないといけないから、それなりの仕事は必要になってくるという矛盾もあるが、これゆえに、父が亡くなったときに大パニックに陥った。

そんな、生活力も婚活力も結婚力も女子力もない私が、父なくして、いったいどうやって生きていったらよいんだ~~~と

あ、また話がそれた。

心のとげ。日常生活では結構ほとんどのことを人に譲ってしまうのに、譲らない部分はなんなんだろうと考えていた。私の仕事、いろんな人が手を出したがっているのに譲らない理由は、人にやってもらうと後始末が大変でよけいに時間がかかるから。

今の職場のパターンは、「どうせ私が悪いんです。私は、役立たずなのに、他の人を不愉快にするから、私がこの仕事をやめればすべてが丸く収まるはず」という誤った思い込み(←前にも書いたが、転職したところでこの問題はたいてい追っかけてくる。

ならば、私が一番上手にできることならばこの仕事にしがみついていてもいいんだろうか?

と考えていて、子供の頃から大嫌いで、あまり言われるとしまいには泣き出す言葉に気がついた。

ま、おごりたかぶったうぬぼれと承知に上でぶっちゃけ、ひらったく書いてしまえば

「才能があるのになぜ使わないの」(実際は、頭は悪くないのになぜ勉強をしないの」という表現が多いが)

言われるたびに大声で反論する。
「勉強しないんじゃなくって、勉強できないんだよ。勉強するっていう性格に生まれついてないの!」「私の頭が悪いことは、学校の知能テストの結果と学校の成績が証明しているでしょ!」と

ま、この反論は99%正論だとは思っているのだけれど…

この真っ赤になって怒り出す部分と、「世の中のすばらしいことは、全部私を避けて通るんです!ほうっておいてください!」といういじけた思い込みと、職場で必ず直面するトラブル。今の職場ではないけれど、日本にいたころ職場で時々耳にした(学校では自他共に認めるおまぬけちゃんだから問題になったことはなかった)「ちょっと頭がいいからってお高くとまって…という非難と、こういたものってもしかしたら全部つながっているのかもしれないという気がしてきた。

神様が「明るく楽しく幸せな人生をあげたのだから生きないさい!」と言っているのを、口先では、「理想は明るく楽しいお気楽人生」などといいつつ、実は、全力で否定していたのかもしれないと。

聖書に書かれている「神との和解」の神学的な解釈はまったく別物ではあるけれど、今の私に一番必要なものかもしれないと…

ってとんでもなくとりとめがなくなってしまいましたが。。

コメント

置かれた場所で咲きなさい

って本のタイトルにありましたが、まあ、とにかく目の前にあることに一生懸命取り組めばいいんじゃないでしょうか?人の評価なんていい加減なものです。勿論、他にやりたいことがあれば別ですけど。

もぉ~なんだか人が良い気がしました・・・
それに漬け込む図々しい人が増えつつある日本・・・
もちょっと自分を出してもいいと思います☆
あっしなんて自分出し過ぎ(笑
それくらい主張しないと、損ばかりすると思ったので・・・
ほんと人それぞれ考え方が違うんだなぁ~って思いました☆

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

miyu様

言われた通りに目の前のものに一生懸命取り組んだら、一週間後に設定を全部逆にしろと言われて、一月たったらまたもとに戻せって言われて…という小さなことをたくさん繰り返していると一日の仕事が終わります。
まあね、私の仕事なんてろくなもんじゃないから、適当に遊ばせておけばいいっていうのは認めるけどね、あまりにも非生産的すぎて辞めたいと思う毎日なのです。

ぽん様

そうなんですよねえ、ここはアメリカなんだからって思うのですけど、なんか、ここぞって時に引いちゃうんですよね。
自信がないのがいけないと思うのですけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3361-ea482e43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。