さくらんぼのアメリカ日記 ブルーベリーマフィン・私さえいなければ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーベリーマフィン・私さえいなければ 

アップがすっかり遅れていた、7月に焼いたマフィン。
IMG_6339.jpg
う~ん、それなりのお味なんだけれど、期待したジャンボマフィンの味にはならなかった。
あれは、思いっきり油脂類と砂糖を入れないとしっとりふわふわにならないんだよね。

以下、本当にしょうもないひとりごと

金曜日はお休みしたので、週末を含めて3日間、仕事のことはほうっておいたのだけれど、仕事上の悩みが完全に行き止まりになりかけていて、あきらかにストレス性の体調不良…

いや、今上司の方針と、手助けと、以前の職場の元デシレクタのアドバイスで、方向性が見えてきて、少しずつ改善が見えてきたかのごときかに見えた矢先のこの事件。

ただ、泣いたり騒いだりする状況ではない。過去の経験から言って、プチ・タイラント(プチ暴君)が暴挙に出始めた場合は、ほうっておいても向こうのほうから自滅する。私は何もする必要はない。ひたすらすべてに耐えて、黙々と目の前の仕事をこなしていれば、嵐はやがてすぎさる。大騒ぎすることではないんだが…

問題は、私が何をすべきなのか、何を望んでいるのか見えないということ。
どれだけお高くkとまっているとかいい子ぶっているとか言われようと、私を幸せにするのは人の笑顔。故意に人を傷つけたり、人が望まないことはしたくない。

ただ、今回の事件で発覚してしまった厄介な事実。私がいつも心の片隅で不安に思いつつ、打ち消そうとしていることが、打消しようのない状況になりつつある。

問題は、A氏とB氏と元上司のC氏。それに、今上司のD氏と、その上司のE氏がいるとしよう。
私に、できるかぎり今の仕事をそつなくこなしてほしいと望んでいるのは、D氏とE氏。
私が日々、仕事で顔をつきあわせてサポートしているのはC氏とA氏とB氏。A氏とB氏の直属の上司はC氏。
今、私がやっている仕事を、二人で半分子してやりたがっているのはA氏とB氏。A氏とB氏の希望をかなえたがっているのはC氏。
私は、選ばなければ、自分ひとりが食べていくくらいの仕事はどこかで見つけられる。私が邪魔者ならば…私がいることで、A~Cまで3人が不幸になるのならば、私が去ればよい。人とあらそって自分の仕事にしがみつくうらいなら、こんな仕事はさっさと投げ出してしまいたい。それで、みんなが幸せになるのなら、私がここに留まる理由はない。。。はずなんだけれど、こういう問題は、逃げても逃げても追いかけてくる。

私はいったいどうしたいのだろう。今上司は、A~Cのやりたいようにやらせればよい。彼らがやりたいというのなら、君が手順書をかけばよいと。まあね、それはそうなんだけどさ、A氏とB氏がやりたがっているのは、私の今の仕事だからね。私が手順書をかいて彼らにやってもらうようにしたら、つまりは、私の今の仕事がなくなるということ。もっとも現実は、手順書を書いたってスムーズに進むわけはないから、彼らのポカミスの後始末で、私の無意味な仕事と残業時間が増えるだけなんだが。。。争いたくないのならば、黒子に徹するというのはひとつのやり方。

あんたはそれでいいのかいって?
わかんない。
なにがしたいのだか、なにをしたらよいのか。
わかっているのは、人を不幸にしてしまいたくないということだけ。
そして、私が今、ここにいるだけで、ABC氏の3人を不幸にしてしまっているというだけ。

もちろん、私に人を不幸にするような力はない。思い上がりだというのはわかっているのだけれど、でも、わかんない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3370-5d58e234

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。