さくらんぼのアメリカ日記 ミネアポリス リベンジパイ@パーキンズ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネアポリス リベンジパイ@パーキンズ 

前回、パーキンズに来たのは火曜日だった。そこで、月曜日だったら通常の食事メニューを頼むとパイが一つ無料でつくという張り紙を発見、次回は月曜日に来たいねという話になった。で、よく月曜日、私を含めて若干2名がタダパイの食べられるパーキンズを提唱したのだけれど、ステーキが食べたいという多数派により、この意見は却下、翌日の火曜日にパーキンズに行こうかという話もあったのだけれど、今度は私が、それは悔しすぎると却下、これはその翌週お月曜日のもの。

前回とらなかったお店の外観。
P2420151214_125237.jpg
お隣のテーブル。これは片付けた後。その前は、私の知っているヒスパニック系とはまったく違う、瀬が高くて身なりの良い年配の男女と若い女性が食事をしていて、よくわからないんだけど、この年上の女性が、教会だ、愛だ、神だって内容の話を熱く語っていました。こういう身なりの南米の人達は、メキシコのテレビでは見るけれど、アメリカで見たのは初めてです。
あっと、ずっと前に働いていた会社の同僚もきちんとした人達でしたけど、この人達は、髪型とかファッションとかが、メキシコのテレノベラとかのソープオペラに出てくる、中流から上流のメキシコ家庭の人達そのままだったので。
実際にメキシコでホームステーした時は、やはり、外国人向けにインフラの整ったお金持ちクラスの人達の家に泊めてもらっていたのですが、上述の会社の同僚よろしく、お金は職業は上流階級(一族には医者か弁護士か政治家しかいない)でも、ファッションはごく普通だったので。
P2!20151214_140934.jpg
今回は、朝食メニューを頼みました。卵の焼き方やサイドが選べるのですが、で、パンケーキやマフィンにも心惹かれたのですが、デザートのパイを考えてバタートーストにしました。
P2320151214_132707.jpg
前回、食べたかったのにオーダーを間違えてしまって食べられなかったチョコレートクリームパイ。フレンチ・シルク・チョコレート・パイだったかな。がっついて、写真を撮る前に一切れ切っちゃった後の写真。
P2220151214_135721.jpg
絶品です!

コメント

あ~・・・そうゆう朝食、食べれないだけに食べてみたい・・・
毎日だとちょっと飽きるでしょうけど、憧れるんでしゅ・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

こういう朝食は、時間がかかるので
週末だけっていうお家が多いみたいです。
毎日は大変ですよね。
でもおいしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3412-642f9e19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。