さくらんぼのアメリカ日記 昨日のフランス語・夢も希望もない人生

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のフランス語・夢も希望もない人生 

写真は日付から見ると一月にいただいたハワイのお土産。ご馳走様でした。
20160121_143823.jpg


    French English  
bwat nf boîte box n (contenant rigide)
bavaʀde vi bavarder chat vi (parler beaucoup)
mwatje nf moitié  half n (demi)
ʀetʀesiʀ vi rétrécir contract, shrink vi (devenir étroit, petit)
ɛstɔma nm estomac stomach n (organe de la digestion)
ɛkspʀɛs adv exprès intentionally, on purpose, deliberately, knowingly adj (intentionnellement)
ɛ̃teʀɛ nm intérêt interest n (avantage)
alimɑ̃te  vtr alimenter feed vtr (nourrir)
   v pron s'alimenter eat,take food vtr (se nourrir)
nuʀisɑ̃  adj nourrissant nourishing adj (nutritif)
apetisɑ̃ adj appétissant  appetizing, mouth-watering adj  (qui excite l'appétit) 


別に、いつも書いていることだから、特に意味はないのだけれど、いろいろ書いたついでに、私が子供の頃から世を捨てている原因もそこにあるんだなあって思って、ついでに繰り返しになるが、書いておこうって思って。

数日前(昨日だっけ)に書いたけれど、私の人生は、物心ついた時から、ゼロから始まっている。
いや、祖母と父に溺愛されていたであろうことは認めるが、その理由はひたすら
「おバカな子ほどかわいい」
である。

「いいんだよ。お前は、なんにもできなくたって、気にすることなんざないんだよ」と。

思うに、私のお気楽人生は、そこから始まっている。

がっ

同時に、
そうか、私は、何もできないろくでもない奴なんだな!

という思いは、幼い心に刻み付けられている。体が小さくて人見知りでどうみても実年齢よりは2~3歳小さく見えるつくりだったから、幼稚園に行こうがどこに行こうが、私はいつもクラスの赤ちゃん扱い。

そうか、私は何もできないのか!

と確信させる原因を作ったのは、何も家族や親戚に限ったことではない。クラスメートや学校の先生だって加担している。

従って、なにもできないやつが、「なにもできなくてよいんだよ」と言われて育てば、当然のことながら、なにもしない。

将来の夢?
んなもの、あるわけないでしょうが

結婚?
無理に決まっているでしょうが

子供?
こんな親もったら子供が迷惑するでしょうが

もっとも、なんにもできない身であるから、趣旨に反して、親に養ってもらえなくなる年齢になったら、旦那に養ってもらおうっていう思いはいつも心の片隅にあったんだけどね、「無理に決まってるでしょうが」って思いが強くて、積極的に相手探しをしなかったって話もあるが。

んで、一部の学校時代のクラスメートを除くと…

こんな私を好きになってくれる人達って???
え、私、なんのとりえもないんだよ。冗談はやめてよ...

と、私のほうから逃げ出す始末。

みんながほうっておいてくれるアメリカの生活が、至極快適で、日本に帰れなくなってしまった所以。

コメント

またいろいろ考えてしまってるようでしゅね・・・
やはり幼少期で親が接した仕方でいろいろ人間は変わってしまうのね・・・って思っちゃいます・・・
今は随分と大人になって、凄く異国でも立派に働いて稼いで生活してるから、そんなこと考えなくてもいいのに・・・って第三者のぽんは思ってしまうけど、親からの接しられた仕方でいろいろトラウマ的になりましゅよね・・・
うちもいろいろありましゅ・・・  この年になってもジジババにさせてあげてないから、いつまでたっても子供扱いで、何も言えない・・・
逆に介護になる時代なのになぁ~って思う・・・
元気が一番だけどその分揉める事も多くて・・・
そうゆうわだかまりは育った上であっしも実はありましゅ・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

いつも温かいお言葉、ありがとうございます。
あ、両親とのわだかまりって結構ありますよね。
家は、逆に母がかなり丸くなってくれたので
対処はしやすいのですけれど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3450-9c39c29c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。