さくらんぼのアメリカ日記 昨日のフランス語+私の復讐

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のフランス語+私の復讐 

写真はとある日の適当朝ごはんかお昼かどっちか。一月のものと思う。
写真と本文は関係ありません。
20160124_092841.jpg


    French English  
ɑ̃tame vtr entamer start on vi + prep (commencer à consommer)
osito  adv  aussitôt immediately adv (immédiatement) 
mwalø adj moelleux  soft, spongy adj (mou)
kʀut nf croûte  crust n (couche extérieure) (bread)
kʀustijɑ̃ adj croustillant crusty adj (craquant sous la dent)
gaʀniʀ  vtr garnir stuff, fill vtr (remplir) (food)
somɔ̃  nm saumon salmon n (poisson à chair rose orangée)
  nm saumon fumé smoked salmon n (poisson préparé)
kʀesɔ̃ nm cresson watercress n (herbe crucifère)
lety nf laitue  lettuce n (salade)
ʀɛfɔʀ  nm raifort horse radish, black radish  (variété de radis)

思うに私、物心ついていらいずっと、この世をうらんでいる。そりゃあね、スピリチュアリティの世界では、人は自分で選んでこの世に生まれてくるって説もあるけれどさ、自分で選ぼうがどうしようが、生れ落ちた瞬間に過去の記憶がすべて消えてしまえば、そんなのはなんの意味もない。

んで、私は、この世に生まれてきたいなんていった覚えはない(←忘れてるからね)のに、なんで生まれてきたんだよ。

んで、私は赤ん坊のまま、何もできない世界にしがみついて、まわりのひとからちやほやしてほしいのに、なんで、気がついたら小学校にあがっていて、学校にいくと、毎年、二年生になったらとか三年生になったらとか、作文書かされて、そのたんびに、私はまったく成長してないのに、周りが勝手に私が成長したことにしたって、んで、さあ、今度は何するって言われてもなあ、作文なんぞ書けるわけはないじゃない。

と思っていた。そりゃあね、いつも書いているけれど、生まれてきちゃったんだから仕方がない。自ら命を絶つのに必要な膨大なエネルギーを考えたら、そのエネルギーは生きることに使ったほうがいいわけで、どうせ死ねないのなら、人生は面白おかしく楽しく生きなければ損って思って生きてるけどさ…

で、この世の中にたいする深~い恨み、はらさずに置くもんかいな。
うらみがあるんならはらしたほうがいい。

さて、どうやって?

うん、思いっきり面白おかしく暮らしてね、思いっきり幸せになってね、私をこの世に送り出した誰かさんを見返してやるの。
私、きっと、幸せになるために生まれてきたんだと思う。

人のやっかみやねたみが気になるのはね、私が幸せじゃなかったり、私が本当にやりたいことをやっていないからなんだと思う。

でもね、何でも願いをかなえてあげるっていわれたら、なにをしたいんだろうか?
同僚と宝くじの話をしていて、「人間関係が気まずくなるから、あんなものはあたらないにこしたことない」という同僚と、「え、大金があたるのなら、人間関係なんて気にするわけないじゃない、堂々とお金もらいますよ」って話してたけどね。

同じように、人生最後の食事は何を食べたいなんて聞かれると、まあ、よほど特殊な状況じゃないかぎり、死ぬ前なんていうのは食欲がないと思うからね、なんにもほしくないと思うよ。
と答える夢のない私ではあるが…

一生遊んで暮らせるお金が手に入ったら、ま、郊外か山の裾野の別荘地かどっかにのんびり暮らせる家を買って、ネット環境を整えて、車の運転と家事は面倒だから、運転手さん(タクシーでもいいけど)とメイドサービス頼んで、ときどきお料理は作って、世界中を旅行して廻って、話にしか聞いたことがない高級ホテルに片端からとまって…

それでも余るお金があったら、財団作ってフィランソロビーにどっぷりって生活かな。
世界中を旅行するときは、通訳は雇わないで、その国の言葉は片端から身につけないとね。

財団のプロを雇うとしても、最後のお金の財務管理はコンピュータソフト使って自分でやらないとね。
シンクタンク作って、その人達に調査をしてもらうんだったら、基本的なことがわかるだけの知識はほしいし…

ま、そういう人達に会うのに、一応恥ずかしくない服装は必要だけれど、着るものとか家具とかアクセサリーとか食器とかは、とりあえず、今のレベルでいいし、家だって、今のワンベッドのコンドミニアムくらいが一番楽だよね。庭があると手入れ大変だし。

あ、忙しくなりそう。お金、いくらあってもきっと足りないね。

コメント

人間、喜怒哀楽は絶対あるし賛否両論は絶対なので、いろいろとムリです・・・
ご自分はご自分なので、考えずすぱ~~っとお過ごしになられた方が気が楽でしゅよぉ~☆
なんだかお考えになって来たら帰国して楽しい友人たちと過ごすのが一番いいストレス解消の様な気がします☆
気軽に帰国出来ればいいでしゅよねぇ~・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

あ、日本で休暇取ってお友達と会うの、いいですね。
またおいしいものもいっぱい食べたいし、おしゃべりもしたいし…
次はいつ行けるのかなあ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3451-564a1fbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。