さくらんぼのアメリカ日記 昨日のフランス語・単語の覚え方

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のフランス語・単語の覚え方 

写真は1月に食べたおうどん。多分、パスタマシンとキッチンエイドを使った手打ち(ってマシン類駆使してるが)うどんだった気がするが、今となっては記憶のかなた。
IMG_6836_20160317010848c33.jpg

昨日のフランス語
    French English  
ʀedijɔ̃ m raidillon steep path, steep climb , slope (courte pente raide)
ʀ(ə)desɑ̃dʀ vt redescendre come back down loc (descendre à nouveau)
bɑtimɑ̃ m bâtiment building n (construction immobilière)
  m immobilier property n (bien immobilier)
tɥe vt tuer kill vtr (faire mourir)
    tuer le temps kill time vtr + n (s'occuper à qch)
velo m vélo bike n (bicyclette) (informal)
oze vt oser dare vtr (avoir le courage)
bɑ̃ljø f banlieue suburb n (habitat urbain périphérique)
ømɛm  pron eux-mêmes themselves pron (tout seuls)
peizaʒ m paysage landscape, scenery n (étendue visuelle)

マルチタスキングについては賛否両論分かれるけれど、でっと本題に入る前に単語の覚え方を書き留めておくんだったっけ。
あっと長くなったので、マルチタスキングの話はやめました。とりあえず、単語の覚え方だけ。

一日10個の単語を覚えるのは、まあ、その気になれば(あ、人によっては4個とか5個とかのほうがやりやすいかもしれませんが)、難しいことではないのだけれど、それを、数日後に思い出せるか(←思い出せ名ければ覚えた意味がないのだけれど)となると、また話は別である。自分でいろいろやっていて、あ、やっぱりこれが一番いいなって思うのがいくつかあったのだけれど、昨日、気まぐれに問うロック登録したオンラインの語学サイトから、単語を覚える5つの方法だったか10個の方法とかいうメールが入ってきていた。最初の二つは私のやり方と一致する。

その①:簡単なExerciseをしながら一緒に覚えること
その②:歌を歌いながら覚えること。

Exerciseは、会社への行き帰り、早足で歩きながら覚えるのが一番効率がよいし、リテンション(長く覚えていられる保持率)が一番高くなる。ゆっくり歩くとあまり意味はないが、ま、歩かなくても、髪の毛ドライヤーでかわかしたり歯磨きしながらスクワットしつつ覚えるというのもいいかと思う。

その②は、単語の意味を無理やりこじつけて、よく知った歌のメロディーにあわせて、ムチャクチャな歌にしてしまうと、人に聞かれたら赤面するけれど、これも、覚えやすいといよりは、数日後の保持率が格段に高くなる。
ただし、この盲点は、毎日違った曲を使ってしまうと、どの曲でどの単語集を覚えたのか思い出せなくて、単語の切れ端は頭にうかんできても、メロディーが思い出せないと、セットで出てこなくなるという難点はあるが。

ま、他には、受験生向けとか英語学習者向けに昔からいろいろ言われているテクニックだから、これは、合うと思えばやるといいないようで、同義語を覚えるとか、反対の意味の言葉を覚えるとか、グループごとに、服装とあ食事とかいろいろまとめて覚えるとか、定義を覚えようとする言葉で理解するとか…

私の場合、これは初級の段階でいきなりやろうと思うと挫折する。家の備品の単語10個とか10個とか並べられて、さあ、覚えなさいといわれると眩暈がしそうになる。お勉強は苦手でしゅ…と。

ある程度、基本単語が頭に入ったあとで、足りない部分を補うという点では、グループ化は役に立つし、とっかかりやすい単語であれば、一つ覚えるときに同義語も入れてしまうと、「一日10個覚える」みたいに決めているときは、数がかせげて効率がよい。あれ、あと、どれだっけ?と考える前に、あっと同義語が入っていたんだと覚えておくと便利だから。

男性名詞と女性名詞については、英語の本のほうが詳しいのだけれど、ある種の規則性があるので、Excelとかでまとめた場合には、語尾を区分けして調べてみると、驚くほど規則性があって、あ、eauとageで終わる名詞はたいてい男性名詞なのね。とわかって覚えやすい。これは、もう少し数がまとまったら、まとめようと考えているのだけれど。

同義語やフランス語の定義を知りたいとき、ま、定義は怪しいものもあるが、便利なサイトはWordReference.com語彙集もかなりあるので、便利なのだけれど、難点は、特殊文字のショートカットがついていないこと。

入力の便利さではdict.ccがいろいろな言語を選べて便利なのだけれど、「みんなで作っていきましょう」みたいなサイトで、語彙集が少ないのが難点。WordReference.com やDict.CCで単語や発音が見つからない場合は、Dict.ccで提示される参照辞書サイトでたいていは見つかるのだけれど、サイトによっては広告が多くて動きが重くなるのが難点。Googole Chromeを使って、フォントを少し大きくしてWordReference.comのページを使うと、画面上部の広告が出ないので便利ということが判明して辞書の検索のときはGoogleに変えたしだい。

コメント

ん??  うどんを紅ショウガ入れて食べるのはあっしの中では初めてで衝撃的でした・・・
とんこつラ~メンんい紅ショウガってのは覚えたけど、うどん・・・って感じ(笑

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

あはは、おうどんにはふつう、紅ショウガはあわせないですよね。
この日は、やたら辛すっぱいものが食べたかったのです。
梅うどんよろしく、関西風のおだしにわかめをあわせたら
わりにおいしくいただけました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakulanbo.blog60.fc2.com/tb.php/3461-e9b1bac6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。