さくらんぼのアメリカ日記 昨日のフランス語・倒木の処理・恐怖心

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のフランス語・倒木の処理・恐怖心 

同じような写真、以前にも何度か撮っているのですが、多分、アップしそびれていたままだと思います。

この辺りの木、害虫にやられているねっていう話はよくしていたのですが、時々、風もないのに倒れて道をふさいでいます。
今回は、処理まで数日かかって、しばらく道をふさいでいたのですが
20160510_171151.jpg
先日通りかかったら片付けてくれている最中でした。
20160512_121947.jpg
全部、そのまま放り込むと、中で小さくカットする仕組みなのかと思っていたのですが、
20160512_121949.jpg
機械に入れる前に、太い部分はあるていどカットしているのですね。
写真はありませんが、反対側にあった倒れそうな木も、何本か伐採してくれたみたいです。

以下、フランス語
     French     English  
pʀɔfɔ̃dœʀ f profondeur depth (dimension du fond à la surface)
flɑm f flamme  flame (signe d'une combustion)
    sans penser à  rien 頭を空っぽにして  
nɛtʀ vi naître be born v aux + v past (venir au monde)
ʀasɑ̃ble vt se rassembler gather, assemble, collect  (personne : se réunir)
etɛ̃dʀ   éteindre extinguish; put out (arrêter un feu) (slightly formal)
   v pron s'éteindre go out; die (feu : ne plus être allumé)
    le temps est couvert  the weather is overcast ,it's cloudy   
/ɛ̃pɥisɑ̃s f impuissance helplessness, powerlessness (incapacité d'agir)
deʀɑ̃ʒe vt déranger disturb (importuner)

いま、何をしなければならないかわよくわかっているのに、とりかかろうとすると、体中の筋肉が硬直して、膝が震えるような恐怖感に襲われる。過去には、人前で話しをしたり、ソーシャライジングのイベントに出かけようとすると決まって襲われた感覚だけれども、最近は、そういうこともなくなっていた。
どこから沸いてくるのかわからない、いわれのない恐怖。

友人曰く、「無視するに限るね」と

ほんと、そうなんだけれどね…
実際に冷静になって考えてみれば、怯えるほどのことではないし、怯える理由もない。

怯えるんだったら、先日のお出かけのほうが、もっと恐怖だった。
渋滞のハイウェー一本で行けるのだけれど、この道の渋滞はものすごい。カーナビさんが、迂回を進めたので、まあ、隣に平行して走っている道に連れて行ってくれるんだろうと思って、混んだハイウェーを出た。
3分後、わけのわからない指示が出て、また、いまきたハイウェーに同じところから逆戻り。渋滞が解除されたって情報が入ったんだとは思うけど、相変らず車がたくさんで、まったく、渋滞の中、出たり入ったりしただけ時間の無駄って感じ。

で、ハイウェーの出口で、ふと、先にプリントアウトしておいた道案内を見たら、真ん中の車線にいるようにと書いてあるのだけれど、時既に遅し、いまさら変更できずに、そのまんま右折。

カーナビ様、もう一度ハイウェーに戻って、今度は、来た側の北向きに戻ってすぐ出るようにと。
ひえっ、またあの混んだハイウェーと思ったけれど、地図見る限り、下をくぐっていく道に出られそうだったので、とりあえず、行ってみたら、本線どころか、ハイウェーの入り口車線に入る直前で、一般道に戻ってくれて一安心、今度は、すぐに右に曲がったところにお目当ての建物らしき一角があって、でも、駐車場がよくわからなくて、とりあえず、ホテルと思しき建物の前まで行ったけれど、やっぱりここは車は停められず、またとおり過ごしたパーキングに逆戻り、やれやれと思って大きな建物に向ったら…れれ、住所の番号が50違うぞ、さては道を一本間違えた…いやいや、確か、さっきホテルの名前がちらっと見えたぞ。ここで間違いないはずだと、うろうろうろうろ、やっとお目当てのレストランを見つけたんだけど、入り口がわからなくて、いつもの、「ここはどこ?私は誰?」状態でたたずんでいたら、ホテルのボーイさんが駆けつけてきて、助けてくれた!

って、こういう経験のほうが、私にはよっぽど恐怖なんですけどねえ。

コメント

以前も道に木が倒れてましたよねぇ~
虫に食われてダメになっちゃってるんでしゅね・・・
なんだか勿体ない・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

ほんと、もったいないのですけどね、虫にやられて枯れちゃっているので
仕方ないのです。倒れたら危ないし。こうなる前になんとかならなかったのかな
って思うのですけどね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。