さくらんぼのアメリカ日記 結局私の本質は…

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局私の本質は… 

子供の頃からまったく変わっていないということがわかった。

写真は昨日アップした埴輪パンのサンドイッチと
IMG_7084.jpg
ぼけぼけの野菜サラダ。
IMG_7083_2016062912045542c.jpg

いつも、山ほど送られてくるクレジットカードの案内状は読まずに捨てているのだけれど、先日、スペシャルの期間を逃してしまった作りそびれたカードがずっと気になっていた。結局貧乏人の庶民のクレジットカードにして、スーパーでお買物をするとx3になるポイントのほうを作ったのだけれど、しばらくしたら、別の会社からスーパーのお買物はx4にしますっていうのが来ていて、すごっく心惹かれたにもかかわらず、その申し込み書はなくしてしまってそのまんま。

んで、今度は、先日作りそびれたカードがまた別の条件で作りませんかってオファーがきていた。ちょっと惹かれる内容なんだけど、詳細がわからないのでオンラインではなく電話で聞いてみることにした。で、ついでに、前から気になっていた、前回作った庶民のカードの「3ヶ月以内に1000ドル使ってもらえれば20000点プレゼント」みたいなやつがどこへ行ったのか気になったので、聞いてみることにした。まあ、この特典はどうでもよかったのだけれど、もしかして、電話代の引き落としとかだとポイントにならなかったんかなあと思ったので。 あと、最初の3ヶ月っていっても、これは申請をしてから3ヶ月ってことになる。申請をしてからカードが届くまでの数日は使えないじゃないかというのが私の不安の種。

なので、聞いてみた。
まず、「あなたの消費パターンだったら、はたして3ヶ月で1000ドルも使えるかしらなって心配はまったく必要ないと思いますよ」とのお返事。
だってね、その前におずおずと聞いた、「あの、前回、間違いなく1000ドル使っているはずなんですけど、ポイント2万点アップっての見なかったきがするのですけど」という質問の答えは
「え、調べてみましょう。ああ、最初の一ヶ月ですでに達成してますので、この月のお支払いから200ドル差し引かせていただきました」というお返事。

あらま、そうだったの。そういえば、なんか支払いが少ないなあって思った月があったんだよねえ。あれかあ。てっきり、ポイントが増えて自分で換金するものだとばかり...

で、こっから先は、先日の友人との会話とほぼ一緒なんだけど

年収は?
え、そんなもの知らない

毎月、お給料はいくらもらっているんですか?
知りません

総資産額は?
そんなもの知らない

貯金の額は
え、知らない

「…」

「せめて、最低限、このくらいはありますか?」

「はい、それはクリアしてると思います。」

面倒くさい計算はきらいだから、入ってくる額と出て行く額の残りがコンスタントにプラスになっていれば、それ以上深いことは考えない性格。

少し前に日本に帰った際に立ち読みした「なぜかお金にすかれる人の…」とかいう本を、買おうと思いつつ買わなかった理由は、「え、なにこれ、これって、8割がた、私がいつもやっていることじゃない」って思ったから。

で、8割がた同じことをやっているのに、私がお金持ちじゃない理由は…

そう、結局ね、いつものパターンに戻るの。

「しらねえ、興味ねえ、関係ねえよ」って

やっぱ大人になっていなかったっていうか、以前から、私は、どうして、社会の中で、他の人の行動や態度からなにかを学ぶということをまるでしてこなかったのかって思っていたのだけれど、結局、私の中に、他の人と同じようにしなければいけないっていう気持ちが皆無なのですね。

「小学校の高学年になったんだから、ブラくらいつけなさい」
「やだよ。窮屈だよ。昨日までしなくてよかったのに、なんでこんな鎧みたいなものつえないといけないんだよお」

「年頃なんだから、きれいにしなさい」
「どうして?」

「どうしてって、そういうものでしょう?」
「理由がなかったら面倒なことはしないよ」

「男の子にもてませんよ」
「デートなんて、楽しいの最初だけじゃない。一週間つきあったらあきるよ」

「お化粧しなさい」
「やだ、顔がかゆくなるだけだもの。してもしなくてもかわんない顔だし」

…日差しの強いカリフォルニアでこれを数十年続けた結果、肌ボロボロだが…

「あなただって、勉強すれば、きっといい学校に入れるわよ」
「いらない。関係ないもの」

「あなたにはお金のありがたみってものがわからないの」
「うん、わからない」

「働いてお金をもらうことがどんなに大変か、わからない子よねえ」
「あのさ、会社に行くっていうのは、大嫌いな学校にいくのと同じで、おまけに拘束時間がながくなるから、学校にいくよりもっとずっと大変だけど、大変な思いしてお金稼ぐの???会社に8時間いれば、お給料は自動的に銀行に入ってくるじゃない」

ってことは、私の興味のあることを探せば、私にも、人間らしい生活が送れるはずである。
だけど…

Sakulanboが興味あることは
寝ること
食べること
遊ぶこと

この遊ぶことっていうのは、子供の頃のおままごととか、どろまんじゅう作りとか、鬼ごっことか、かけっことか、スキーで猛スピードですべりおりるとか(←最近は、楽しくなくなったのでここ10年やっていない)
あ、どろまんじゅうも、小学校の低学年で卒業しているが、その延長がパン作りって話がある。

ようするに、普通の人と興味の対象がかけはなれすぎているのが原因らしい。
んで、目下、フランス語に夢中


コメント

いえいえ☆  今の日本は個性が光る時代なので、皆と同じことなんてしなくて全然よし☆
大きく言っちゃうと、男女区別して服装しなくてもよしって感じになってるお☆
男性も女性の服装取り入れてオシャレしてもいいし☆
お化粧だってお肌弱い方はしない人あっしの回りでも結構いるし、男性だってお化粧する時代だし、もぉ~普通ってのが無くなってるので、その固定観念は常識非常識で言うと人それぞれって分野にほんとになって来てるから、全然いいのよ☆
寝る・食べる・遊ぶ。  これは基本中の基本の人生の楽しみ方だもの☆
遊ぶ為に働いて、寝ないと疲れるし、食べないと体力・健康維持出来ないし、とってもいいことだと思いますよぉ~~☆
あっしもそうだもの☆
それからもっと先に進んで旅行やらショッピング、人それぞれ毎日を楽しんで充実する仕方が違うってことでしゅよ☆
悲観的にならなくていい時代でしゅ☆

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

人それぞれ

You are a very unique person,just like everybody else.

変人

私の50代後半の友人で、人生で、デートって男の子と一回映画に行っただけ、という人がいます。彼女はかなり変わっていると思うのですが、どうも、自分が変わっているとは思っていないようです。図書館の本を一年返さなくて催促が来た、とも言っていました。さくらんぼさん、まとも、安心して!

ぽん様

あ、そっか、今は個性が光る時代なのですね。
日本はすっかり浦島です。
寝る、食べる、遊ぶ、やっぱ基本ですか。
そういってもらえると嬉しくなります。

miyu様

ほんと、いろんな人がいますよね。
ま、人と違うから夜逃げしてきてアメリカに住んでるって
話はありますが。でも、正確には夜逃げはしてないですしね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。