さくらんぼのアメリカ日記 劣等生のひとりごと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劣等生のひとりごと 

年齢から考えて、元劣等生と書くべきなんだろうとは思うが。
んで、非常に僭越な内容ですので、適当にスルーしてください。

写真はまだアップしてなかったと思う、4月の超適当ご飯
IMG_7094.jpg

IMG_7091.jpg

IMG_7103.jpg



はっきり言って、日本の中学校・高校時代を通じて、私のことを「頭が良い」と称する先生は一人もいなかった。
大学に入ってAの数が増えたのは、セーターを編みながらも暇にまかせて授業に出ているSakulanboは、出席するだけでAがとれるクラスばかり受講したからである。

口が達者で、人の気持ちをくみ取ることが苦手(ってか、自分と同じ考え方をあてはめようとするとことごとく外れる)だから、皮肉をこめて、「まあ、頭の良いこと」と言われることはあるが、これは別口。

数字の暗算は人より速いから、アメリカでレストランに入った時のチップの計算には役に立つ。歩くチップ計算機、だけど、学校の宿題を一切しない、そして、見直すことをしないSakulanboの算数や数学の成績は、時に大変悲惨なことになっていた。

こんないい加減な奴は、日本でまじめに暮らして、まじめに結婚して、まじめに子育てなんぞできっこないから、夜逃げ同然にアメリカにやっていた。ま、夜逃げ同然とはいえ、数年で日本に戻る予定ではいたが、いかんせん、一向に英語が上達する気配が見えず、「折角アメリカに来たのだから、もう少し勉強して英語が上手になったら日本に帰ります」といい続けていたが、基本、勉強というものをしないやつである。アメリカに来る前から日常会話とヒヤリングはできたのだから、ただアメリカに住んだだけで英語力が伸びるわけもなく…(通常、日本人がアメリカに来てTOEICの点数が伸びるのはヒヤリング(正確にはリスニングコンプリヘンション?)の点数があがるからだと思う。)

結果、○十年たったいまでもアメリカで暮らしている。
仕事だって、ろくな仕事はしていない。

だから、日本からいらした優秀な人達に出会うにつけ、「すごいなあ」と思う。
基本的に、人にたいして嫉妬という感情は(顕在化した形では)ほとんどいだくことはない。
学歴その他に関しては、所詮私がかなう相手なんぞいないから、私が世界で一番の劣等生で、まわりの人はみんな優秀なのは、もう、子供の頃から決まっているのだから。
旦那やボーイフレンド(結婚したことないし、ボーイフレンドはいないのがデフォルトだが)にいたっては、私ひとりのことなんか好きになられたら面倒でやってられない。適当に浮気をしていてもらえないとたまらないから、浮気相手の女性に嫉妬心をいだくわけもなく…

それが、アメリカに来てからは、よく言われるんだよね.。。
「すばらしい、優秀なんですね」

って…

アメリカでふらふらと○十年近く、一人で遊び暮らしていること=「優秀」って認識、なにか間違えてないかい?


コメント

もしかして、若い?

少なくとも日本では、ある程度の年齢になると、腰痛や、お顔のしわのことでは悩んでも、自分の頭の良し悪しなんて、あまり考えなくなると思うんですけど。

miyu様

いえいえ、劣等感はどうでもよいのですが、人から勘違いされるのが苦痛です。

あ!焼きそばのプチシンクロのかな?☆

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/

ぽん様

あ,そういえば、これもそうですね。焼きそばの写真は後でアップしますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。