さくらんぼのアメリカ日記 NewYork最終日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NewYork最終日 

基本、空港から飛行機で帰るだけだから、ろくな写真はないんだが。
20160725_085505.jpg
と思ったら、全然写真がないや。これはたしかNYのラガーディアのもの。途中の乗り換えの空港の写真すらないぞ。
20160722_202321.jpg
仕方ないから、別の日の買ったパリバゲットのサンドイッチ。一応、NYのものだけど、これは全国チェーンでカリフォルニアにもあるけどね。アジア系のお店だから、パンが日本のものに近くておいしい。
20160726_084806.jpg
これは、セントラルステーションで買ったおみやげのチョコレート。一応、NYで買いましたということで。
20160723_110753.jpg
最後は、アップしそびれていたグーゲンハイム美術館のオブジェ。

最終日、まあ、西海岸に戻るだけなので、最初は8時くらい発の飛行機を予約したんだが、なんと、翌日くらいに何かメールが入っていて、ほうっておいて後から見たら、フライトがキャンセルされましたので、朝6時の便に振り替えましたというもの。ひえっ、朝6時発ってことは5時には空港に行かないといけないから、それって4時起きってことって思ったが、面倒なのでほうっておいた。おまけに、直行便だと思ったのに、シカゴ経由に変わっている!

まあね、どうせ、チェックアウトは、朝方、明細書がドアのとこにはさまれていて、カードキー返せば済むだけだし、仕方ないと覚悟を決めて、前日にチェックインして、チケットも印刷しておいて、当日の朝のタクシーはドアマンに頼めばすぐ呼ぶから、予約の必要はないと言われていて、じゃあ、朝はクラブルームでコーヒーだけ飲んで出発しようと思っていたんだが。

で、朝、4時に起きたら、Unitedからまたメールが入っていて、機材の都合によりフライトがキャンセルされましたので、6時15分発のデンバー経由の便に振り替えましたというもの。あら、6時じゃなくて6時15分の便があったのなら、最初からそっちにしてよとは思ったんだが、チェックインしようとすると、エラーになってしまってできない!

えい、こうなったら空港でチェックインするしかないと、コーヒーはあきらめて、大急ぎでホテルをチェックアウト。
優雅にホテルのドアマンにタクシーを呼んでもらおうと目論んでいたんだが、あいにく、時間が早すぎて、フロントにはナイトマネージャーしかいない!
まあ、慇懃無礼にチェックアウトの手続きをして、そのマネージャーがタクシー手配して荷物も運んでくれたから文句は言えないんだが…

で、タクシーの運転手さんはおしゃべり好きな韓国人。日本人だとわかったら大喜びで、いやあ、僕のお母さんが昔日本人に韓国語を教えていたんだよ、ママの作る日本料理が懐かしいよ…って話になって、あげくは、また来ることがあったら○○通りのサンシャイン・カフェに来るんだよ。僕の行き着けのカフェだから。と言われたんだが…

ちなみに、空港は結構がらがらで、でも、前にいた女の子は、フライトがキャンセルされて、JFKからすぐでる便じゃないと間に合わないって言われて、「ええ、今からじゃ間に合わないかもしれない、どうするよの~」と半分泣いていて、あらら、私は正しい空港にいるわよね。チェックインできなかったってことは、まさか満席じゃあないわよねえと不安になったんだが、なんのことはない、単に、前のフライトのチェックインがキャンセルされていなかっただけとのことで、すぐに手続きしてもらった。

私のフライトは「シカゴ経由を除き」99.9%こうなんだが、すべてオンスケジュールのオンタイムで、滞りなくサンフランシスコにたどりついた。

翌日、二人の人から、「あの日のNYは雷雨でフライトが遅れて…あなたは大丈夫でした?」って聞かれたんだけど…
へ、あの日のNY、雷雨だったんですか…私が出るときは小雨でしたが。

しかし、休暇っていうのはどうしてこうもあっという間に終わってしまうんだか。

ここから,ひとりごと。

今の私の生活, 基本的に, こんなに楽してこんなに幸せでいいんだろうか???と言う状況が続いているんだが、それゆえに,罪悪感とあれ,もしかして,私って、嫉妬されてるの???
と言う思いが心を離れない。そして、後半の部分は幼稚園の頃から続いている,私のパターン。 ありえない!
こんなおばかでおちびで人見知りで社交ベタでドジな私に嫉妬するなんて、酔狂にもほどが有るつってもんだって思うんだが。。。
あれ...
もしかして、これも私のパターン???
私,人の嫉妬の対象にならないように,ドジ山ドジ子ちゃんのセルフイメージを自分で作りあげてる?
そりゃあ、いつもおもしろおかしく暮らしていて、んでもってそれでも結局なんとかなっちゃうアメリカお気楽生活。。。あんた,恨まれて当然じゃないか。無下に否定する必要もないがな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。